盛岡市の遺品整理のポイント

  • HOME »
  • 盛岡市の遺品整理のポイント

 

大切な親族が亡くなった後は
悲しい気持ちを抑えながらでも
遺品を整理しなくてはいけません。

しかし、
いざ実際に整理してみると
何をすればいいかわからないと思います。

そこで、
整理する時のポイントをあげさせていただきますので、
参考にしてみてください。

 

 1.相続人を明確にする

まずは法律上の相続人を明確にします。

 

これは不動産や保険、預金などの相続手続きを
する時に必ず必要になります。

 

また、高価な遺品が出てきた時に
誰に権利があるかを明確にすることで、
トラブルを回避できます。

 

2.貴重品をまとめる

ここから実際の整理に入っていきます。

まずは貴重品をまとめましょう。

遺品整理をしている中で
うっかり処分してしまわないように、
最初にやることをおすすめします。

貴重品とは下記のようなものです。

  • 預金通帳・キャッシュカード
  • 現金
  • 印鑑
  • クレジットカード会社の請求書
  • 保険証券(生命保険・損害保険等)
  • 不動産権利書
  • 株式や証券会社の書類
  • 金塊など、価値があるもの
  • 電気・水道・ガス・電話・インターネット等の請求書
  • 会社の関係書類(経営者の場合)

 

これらは一例ですが、手続きに必要なものばかりです。

出てきたら一箇所にまとめておいて、
いつでも取り出せるようにしておきましょう。

 

3.価値があるとわかる品を分ける

 

骨董品や貴金属など
故人が残した品で価値があるとわかるものが
あれば分けておきましょう。

 

形見分けとして親族のどなたかが所有してもいいですし、
売却すれば大きな金額になるかもしれません。

 

4.振り分け方法を決める(形見分け)

 

相続人や親族で引き取りたい品がある場合は
話し合いにより所有者を決めます。

 

ただ、何でもかんでも引き取ると場所を取るだけで
数年後にまた処分しなくてはならなくなります。

 

必要な品や思い出がある品の数点を引き取り、
残りは処分する方がいいでしょう。

 

 

5.リサイクル業者に売る

 

形見分けが終わったら価値があるものは
リサイクルショップに売ります。

 

最初に処分業者に来てもらうと、
価値がある品も処分されるケースが多いからです。

 

リサイクルショップでお金に変えて、
少しでも整理費用を減らしましょう。

 

品物が多い時は出張査定・買取をしてくれる業者に
来てもらうといいでしょう。

 

自分たちでなんどもリサイクルショップに
持って行くとかなりの手間がかかります。

 

時間があってゆっくり整理する方は
それでもいいのかもしれません。

しかし遺品整理は他にもやることがあるので
手間はできる限り省きましょう。

6.処分業者に処分してもらう

 

買取ができない品は処分します。

ごみの出し方は住んでいる場所によって
盛岡地域・都南地域・玉山地域に分かれます。

 

市のホームページには地域ごとの
分別方法や搬入場所が記載されていますので
こちらを参考にしてみてください。

 

【盛岡市ホームページ】

http://www.city.morioka.iwate.jp/kurashi/gomi_recycle/gomidashikata/index.html

 

部屋を退去する場合や遠方から来て整理の時間がない時など、
急いで片付ける場合は民間の処分業者に依頼しましょう。

 

費用はかかりますが、時間は圧倒的に短縮されます。

 

不安な時や面倒な時は遺品整理士に依頼する

 

不安な場合や手間をかけたくない場合は
遺品整理士に相談しましょう。

 

各種手続きのやり方や分別の方法、
品物を持っておくべきか処分するべきかなど
専門家としてのアドバイスをもらえます。

  

また、遺品整理にはリサイクル業者や処分業者など
多くの業者が関わってきます。

 

また、遺品整理士には信頼できる提携業者がいるので
安心できるポイントです。

 

私たちも遺品整理士として盛岡市近辺のお客様の
整理をお手伝いさせていただいております。

不安な時や時間がない時、整理の作業が面倒な時は
お気軽に連絡ください。

連絡先:080−5556−0854
担当:小田島

お気軽にお問い合わせください! TEL 080-5556-0854 9:00~19:00

PAGETOP
Copyright © 出張買取専門店トータルサポート All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.